世界一わかりやすく解説!車の維持費をシンプルにして家計を楽にする車の買い方とは

この記事は約7分で読めます。

はじめに

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
ここでは、家計を圧迫せずに車を買う方法についてご案内させていただきます。車は買うだけでも大変ですが、維持をするのも大変ですよね。車は本当にお金がかかって仕方がないですが、ちょっとでも家計に負担をかけずに乗れたらいいですよね。そんなあなたに今から家計を楽にする車の買い方についてご説明させていただきますので、どうぞよろしくお願い致します。

これを読んでお得になる方はこんな方です。
・車を楽に維持したい方
・新車に乗りたいけど、維持も楽にしたい方

車の維持費

車は買うだけでなく、維持するために様々は費用が必要となります。例えば、毎年5月に支払う自動車税や、乗る度にかかるガソリン代、車を駐車しておくための駐車場代など様々です。他にも必要な維持費があるのでまとめてみます。

車両本体代金

車の車両代金です。一括で支払う場合とローンにする場合があり、ローンを組んだ場合は金利も払う事になります。また、ローンの場合は毎月の返済が発生するので自分の返済能力に見合った金額にするのがおすすめです。無理なローンは地獄を見ます。

自動車税

自動車税は、毎年4月1日時点で所有している自動車に対して支払う税金です。5月末が支払期限で、所有している限り毎年支払う必要があります。車の排気量によって金額が異なります。

自動車重量税

自動車重量税は、車の重量によって支払う金額が異なる税金です。新車購入時は3年分、その後は2年分をまとめて車検時に支払うのが一般的です。

自賠責保険料

自賠責保険料とは、車を所有している方が必ず加入しないといけない保険で、強制保険とも言われています。軽自動車と普通車で金額が異なります。車検時に2年間分をまとめて支払うのが一般的です。

任意保険料

自賠責保険とは違い、任意なので絶対に入らないといけないわけではないですが、車を所有している方で任意保険に入っていない方はいないと言えるでしょう。万が一の事故の時に頼りになるのは任意保険です。保険の内容により保険料が異なります。比較的若い方の方が保険料は高いです。無事故のベテランドライバーの方が保険料は安いです。

検査手数料

検査手数料とは、車検の審査、車検適合証明書発行に関わる手数料の事で、印紙代と証紙代を合算した金額です。車検時に支払う金額です。

燃料代

ガソリン代ですね。車種によって油種(ハイオク、レギュラー、軽油)と燃費性能が異なり、自分の運転の仕方によっても変化します。

駐車場代

住んでいる場所によりますが、地方だと月数千円、都内だと月数万円と土地柄によって大幅に変わります。また、一戸建ての方で駐車場がある方は駐車場代はかかりません。

車の維持費についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事へ

車の維持費ってどれくらい必要なのか細かく計算してみた結果!
ここでは、車の維持にかかる費用を細かく計算した結果を記載させていただいています。車を購入しようと検討している方のお役に立てれば幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

家計を圧迫する車の維持費

今ご説明した車の維持費の中で、とくに家計を圧迫する費用をご案内いたします。

家計を圧迫する費用①

まず、家計を圧迫する費用①は「自動車税」です。
その理由は、毎年5月に1回支払うだけだからです。正直、忘れた頃にやってくる支払なので家計を圧迫しがちです。軽自動車なら1万円程度なのでそこまで家計を圧迫しませんが、普通車は3~4万円程度の支払が必要なので家計を圧迫します。

家計を圧迫する費用②

家計を圧迫する費用②は「車検費用」です。
車検も2年(新車購入時は3年)に一回だけなので、自動車税よりさらに忘れた頃にやってきます。しかも、自動車税より高いです。一般的に10万円程度必要になるので本当に家計を圧迫します。

家計を圧迫する費用③

家計を圧迫する費用③は「メンテナンス費用」です。とくに定期的に交換が必要なエンジンオイルや、タイヤ代などがメンテナンス費用にあたります。エンジンオイルの交換費用は大した金額ではない(数千円)のでいいですが、タイヤは数万円(買うタイヤ、サイズによって異なる)かかるので家計を圧迫します。

他に厄介なのが、突然の故障などによる修理費です。故障の度合いによって大幅に変わりますが、車の修理費は大体10万円程度は必要となってくるので一気に家計を苦しめる事になります。

まとめ

家計を圧迫する費用は、毎月定期的に支払う費用ではなく、数年に一度不定期に支払う費用がほとんどです。

逆に、毎月定額で支払っているローンなどは、予め生計費として計算されているのでそこまで家計を苦しめる事はありません。

家計を楽にする車の買い方

家計を苦しめる事なく車を買う方法は、「車のサブスクリプション」です。

今までご説明した通り、家計を圧迫する費用は数年に一回しか支払わない「自動車税」「車検費用」「メンテナンス費用」です。この辺りの費用は本当に家計を苦しめる天敵とも言えます。まぁ、車用に貯金をしておけばいいですが、それが出来ない方も多いと思います。

では、どうすれば家計が楽になるかと言うと、「自動車税」「車検費用」「メンテナンス費用」など全て月々のローンに組み込んでしまえばいいです。そうすれば生計が立てやすく、突然の出費にも苦しまずに済みます。

と言うのも、先ほどご説明した通り、毎月定額で支払っている車のローンなどは生計費として計算してお金を使います。そのためローンで家計が苦しいって事は中々ないと思います。(無理なローンを組んでいる方は別として)なので、いっその事、車の維持費を毎月定額にしてしまえば家計は楽になります。

という事で、家計を楽にする車の買い方は、毎月全部定額に出来る「車のサブスクリプション」で決まりです。

車のサブスクリプリョンとは

車のサブスクリプション(略してサブスク)は、毎月定額で新車に乗れるというサービスです。

最近始まった新しい車の買い方の一つで、車の維持費を全て定額にしたサービスで、車にかかる費用は毎月の定額料とガソリン代だけです。(駐車場代がある方は駐車場代も必要です)

とてもシンプルでわかりやすいですよね。これなら突然の出費に悩まされる事がなくなるので、家計は楽になります。

でも、注意点がいくつかあります。

車のサブスクの注意点

毎月定額で新車に乗れるので非常に魅力的なサービスですが、いくつか注意点があります。

■車のカスタムがNG
車のサブスクは、所有権が自分にはありません、そのため車をカスタムするのはNGです。

■喫煙NG
車のサブスクでは、ほとんどの提供会社が喫煙NGにしています。

■ペットNG
車のサブスクで車に乗る場合、ペットを乗せるのがNGです。恐らくペットの匂いとか毛で汚れるのがダメなんだと思います。

■走行距離制限がある
車のサブスクで車に乗る場合、走行距離制限があります。その走行距離を超えると追加料金が発生する場合があるのでよく確認してから契約しましょう。

■お得にならないパターンがある
車のサブスクで毎月定額で乗る場合、車種や買い方によって損する場合があります。車を一括で買う方は損になるのでおすすめしません。また、契約する年数によっては普通に買った方がお得になる場合があります。

車のサブスクのメリット

車のサブスクで得られるメリットももちろんあります。

■家計が楽になる
車のサブスクは毎月定額料とガソリン代だけで新車に乗れます。そのため突然の出費に家計が苦しくなる事がありません。毎月の生計が立てやすくお得に新車に乗れます

■ワンランク上の車に乗れる
毎月の定額料は契約年数分の維持費と車両代だけなので、ワンランク上の車を狙う事も可能です。普通では買えない車種もサブスクならと、ワンランク上の車を契約する方もいます。

■頭金不要で新車に乗れる
普通、新車を買う時っていくらか頭金が必要になると思います。でもサブスクの場合、頭金は一切不要で新車に乗れます。(頭金なしで新車が買える場合もあります)

■申込が簡単
車のサブスクの申込は基本的にネット申込になります。わざわざディーラーへ行く必要はありません。ネット申込なので24時間いつでも簡単に申込が出来るので楽です。

車のサブスク公式サイト一覧

車のサブスクを申込するための公式サイトをご案内させていただきます。
申込するサイトによって条件が変わるので、しっかり読んでから申込して下さい。

■トヨタのサブスク「KINTO」公式サイト

■おトクにマイカ「定額カルモくん」公式サイト

まとめ

車のサブスクいかがでしたか?車の維持費が毎月の定額料だけになれば、家計はグッと楽になると思います。生計も立てやすくなりますよね。それに突然の出費に悩まされる事がなくなるのは本当に安心ですよね。申込は基本的にネットからのみなので、注意事項をよく読んでお申込み下さい。それでは、よりよいカーライフをお楽しみ下さい。最後までお付き合いありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました