車を売るために必要な書類と車を賢く高く売る方法!

はじめに

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

ここでは、車を売るために必要な書類と、車を賢く高く売るための方法についてわかりやすくご説明させていただきます。

今、車を売りたいと思っているあなたのお役に立てれば幸いです。

どうぞ最後までお付き合い下さい。宜しくお願い致します。

車を売るために必要な書類

では早速、車を売るために必要な書類をご案内させていただきます。

車を売るために必要な書類は、「普通車」と「軽自動車」で異なります。以下の表を参考にして下さい。

普通車 軽自動車
自動車検査証 自動車検査証
自賠責保険証明書 自賠責保険証明書
自動車納税証明書 軽自動車納税証明書
実印 シャチハタ以外の認印
リサイクル券 リサイクル券
振込口座情報 振込口座情報
印鑑登録証明書

以上が、車を売るために必要な書類で、ご自身が用意しなければいけない書類です。

■以下は、特定の条件下で必要な書類

住民票 住所変更を1回した場合に必要
戸籍の附票 住所変更を2回以上した場合に必要
戸籍謄本 結婚などで姓が変わった場合に必要

1:自動車検査証

自動車検査証は、車検証と略され自動車が保安基準に適合している事を証明する書類です。

自動車の細かい情報が記載されている書類で、車検時や点検時などに必要になる書類です。自動車を運行する場合は、必ず車内に積んでおかなければならない書類です。

車内のグローブボックスに収納されている事が多いです。

2:自賠責保険証明書

車を運転する際は、自賠責保険の加入が義務付けられています。

強制保険とも呼ばれています。

自賠責保険は対人にのみ損害を補償する保険です。自賠責保険証明書は、保険の加入を証明する書類で、車検時などの各種手続きにも必要な書類となっています。

自動車検査証と一緒にグローブボックスに収納している方が多いです。

3:自動車納税証明書

自動車納税証明書は、毎年4月~5月に請求される自動車税を納めている事を証明するための書類です。

自動車税の請求は毎年5月に自宅に届き、6月までに納めないといけません。

自動車税を納めると自動車納税証明書(軽自動車の場合は軽自動車納税証明書)を受け取る事が出来ます。

受け取った納税証明書はご自身で管理する書類となりますので、ご自宅に保管している方もいれば、車内のグローブボックスに収納される方もいます。

紛失してしまった方は、陸運局か自動車税管理事務所、都道府県の税事務所にて再発行が出来ます

再発行には車検証、印鑑、本人確認書類(運転免許証など)が必要です。再発行費用は無料です。

4:リサイクル券

リサイクル券とは、新車購入時にリサイクル料金を支払った事を証明する書類です。

リサイクル料金とは、車をリサイクルした後に残るシュレッダーダスト、エアバッグのリサイクル、エアコンのフロン類を破壊するための費用として新車購入時に必ず支払う費用の事です。

リサイクル券を紛失してしまった場合コチラの公式サイトを参考にして下さい。

5:印鑑登録証明書

印鑑登録証明書は、お住まいの市区町村の役所で発行できます。

発行の際に印鑑登録証と本人確認書類(運転免許証など)が必要になるので忘れずに持っていきましょう。また、発行には1通300円かかります。

印鑑登録証明書は普通車の売却時のみ必要です。軽自動車の方は不要です。

6:実印(認印)

実印とは、市区町村に印鑑登録をしたハンコの事を言います。

認印とは、届出をしていない個人のシャチハタ以外のハンコの事です。

普通車を売るときは「実印」が必要です。軽自動車は「認印」でOKです。

7:振込口座情報

車を売却したお金を受け取るための振込口座情報が必要です。

銀行のキャッシュカードに、金融機関名、店番、口座番号が記載されているのでキャッシュカードがあればOKです。

8:住民票

住民票は必ず必要な書類ではありません。

自動車検査証に記載されている住所から引っ越しをした場合に必要になります。

9:戸籍の附票

戸籍の附票は、自動車検査証に記載されている住所から複数回に渡って住所変更があった方のみ必要となります。

10:戸籍謄本

自動車検査証に記載されている姓名から、結婚(離婚)などで姓が変わった方は戸籍謄本が必要です。

必要書類まとめ

以上が、車を売るために必要な書類です。

「自動車検査証」「自賠責保険証明書」「リサイクル券」は、ほとんどの場合、車内のグローブボックスにまとめて収納されています。

「印鑑登録証明書」「住民票」「戸籍の附票」「戸籍謄本」などは役所で発行してもらう書類です。

「自動車納税証明書(軽自動車納税証明書)」は支払後に、ご自身で管理している書類です。「実印」や「認印」、「口座情報」もご自身で管理している物です。

この中で、リサイクル券や自動車納税証明書を紛失してしまう方が多いですが、所定の手続きを行う事で再発行出来るので、必要に応じてやっておきましょう。

車を賢く高く売る方法について

ここからは、愛車を1円でも高く賢く売るためにアドバイスをさせていただきます

車は売り方によって、買取金額が数十万円変わります。

同じ車なのに売り方一つで大きな差が出てしまいます。それなら高く売った方がいいですよね。

高く売れた事によって次の車の予算にする事が出来ます。また、車を買わなかったとしても高く売れれば嬉しいですよね。

そんなお得で賢い車の売り方について今からわかりやすくご説明させていただきますので、どうぞよろしくお願い致します。

4種類の車の売り方

車の売り方は大きくわけて、以下の4種類の方法があります。

1:ディーラーにて下取り
2:車買取店に売却
3:個人売買
4:ネットオークションで売却

以上が車を売る4種類の方法です。この中で一番高く売れるのは「車買取店に売却」です。その理由は以下の通りです。

1:下取り

ディーラー下取りは、新車購入の代わりに今の愛車を割引材料の一つして買い取る事を言います。

新車購入が絶対の条件で、購入する車の割引に充てられます。

下取りの場合、下取りする車の状態はほとんど関係なく、かなり低い金額で下取られます。

新車の割引という形で今の愛車を処分するという意味合いなので、ディーラーが絶対に損にならない金額での引き取りとなります。

車の価値を査定するのではなく、新車の値引き幅によって下取り金額が変動します。新車の値引き幅を超えて下取りになることはほとんどありません。

そのため、高価買取につながる可能性は皆無です。

2:車買取店に売却

車買取店に愛車を売る場合、純粋にその車の価値を査定してもらえます

「車種」「年式」「走行距離」「装備」「カラー」「人気度」「相場」などすべてを加味して買い取ってくれます。

そのため、下取りと比較し数十万円の差が生まれます

また、複数の車買取店で査定を行う事でさらに高値を目指す事が出来ます

同じ車買取店でもお店によって査定額が変わります。4~5店舗くらい回って、一番高額査定を付けた店舗に売るのがおすすめの方法です。

3:個人売買

友人・知人などに個人で売却する事を言います。

自分で売価を設定できるので、買い手さえいれば一番高く売れる可能性があります

しかし、売却手続きや名義変更などを自分で行わないといけないのでかなり面倒です。

また、売った後にトラブルになる可能性もあるため、素人にはおすすめ出来ません

4:ネットオークション

「ヤフオク」「メルカリ」などのオークションサイトを利用して愛車を売る方法です。

個人売買と同様で、買い手さえみつかれば高く売れる可能性があります

しかし、各種手続きを行わなければいけない事や、売却後のトラブルに巻き込まれる可能性があるので、個人売買同様、素人にはおすすめ出来ません

一番高く売れるのは車買取店

今ご紹介した4種類の車の売り方の中で一番高く売れるのは、「車買取店への売却」です。

純粋に車の価値を査定してくれるため、下取りとは比較にならないほど高値で買い取ってくれます。

そのため、車を1円でも高く売りたい方は「車買取店への売却」がおすすめです。

車買取店とは

車買取店とは、「ガリバー」「アップル」「ラビット」「ビッグモーター」などの事を言います

他にも、中古車を取り扱っている店舗であれば、車の買取をしてくれるはずです。

最寄りの中古車販売店に愛車をもっていき、査定をしてもらうといいです。

その時は1店舗だけでなく、数店舗で査定をするのがおすすめです。

車買取店によって査定額が変わるので、一番高額査定を付けた店舗に売ると高く売れます。

車一括査定を利用して車を売る

愛車を最寄りの中古車販売店に持っていくのもいいですが、何店舗も回るのが面倒という方は、「車一括査定」を利用するのがおすすめです。

車一括査定とは、ネットで申し込みをすると、自宅や指定した場所で一気に数店舗から愛車の査定を受ける事が出来るサービスの事を言います。

申し込み後に車買取店から一斉に電話がかかってきて査定の日程を迫られますが、すべての電話に対応すればすぐに済みます。

一括査定を簡単に早く終わらせるコツは、すべての買取店の査定日を同日同時刻にする事です。そうする事で買取店同士で競争心が高まり、高価買取につながります。

おすすめの車一括査定

車一括査定と言っても、かなり多くあります。そんな中で一番のおすすめは「カーセンサー車一括査定」です

「カーセンサー車一括査定」がおすすめな理由は2つあります。

■カーセンサーがおすすめな理由
1:メール連絡に対応している
2:提携している買取店が多い

1:メール連絡に対応している

「カーセンサー車一括査定」は唯一メール連絡に対応した車一括査定です。そのため、申し込み後に一斉に電話がかかってくる事がなくなります。

※すべての買取店がメール連絡に対応しているわけではないので、一部の買取店からは電話がかかってきます。それでも他の車一括査定と比較すると電話対応の負担は大幅に減ります。

■メール連絡にする方法

メール連絡にする方法についてご説明します。

申込フォームのお客様情報入力画面に、「メールアドレス入力欄」があります。
そのすぐ下に「任意項目:売却希望時期など」とあるので、そこをクリックします。

次に、「連絡希望時間帯」欄に「メール連絡希望」と入力して下さい。
これでメール連絡になります。

2:提携している買取店が多い

「カーセンサー車一括査定」が提携している車買取店は、全国1000社以上あります。

この1000社という数字は他の車一括査定と比較し圧倒的に多いです。

他の車一括査定は大体200~300社程度です。

提携している車買取店が多ければ、愛車を本当に欲しいと思ってくれる買取店に出会えるチャンスが広がる事につながります。愛車を本当に欲しいと思った買取店は本当に高額査定をしてくれます。

これが高価買取の仕組みとなっています。

提携店が少ない一括査定より、提携店が多い一括査定に申し込んだ方が高価買取につながる可能性を広げる事になります。

そのため「カーセンサー車一括査定」がおすすめです。

車買取まとめ

車を賢く高く売る方法は「車買取店に売却」で決まりです。

車買取店へ持ち込んでもOKですし、車一括査定を利用して売却してもOKです。あなたに合った方法でより高値を目指して下さい。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました