廃車寸前の20万km以上走行で古くてボロボロのハイエースを高く売る方法

この記事は約5分で読めます。

はじめに

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
ここでは、過走行で年式が古いハイエースを高く売る方法についてご説明させていただきます。一般的に過走行(20万km走行)で年式が古い車は買取不可で廃車になる可能性が高いですが、ハイエースの場合は違います。その理由と少しでも高く売る方法について詳しく解説していきますので、どうぞ最後までお付き合い下さい。よろしくお願いいたします。

ハイエースとは

ハイエースとは、トヨタ自動車が製造・販売しているワンボックスタイプの商用車、または乗用車です。1967年に登場し、現在はロング、スーパーロング、ワゴン、ライトバン、コミューターのラインナップとなっています。価格は少し高いですが、100万km走行にも耐えらえる耐久性と、高い積載能力を活かし、宅配業や貨物運搬など幅広い分野で商業車として活躍しています。また、最大10名乗車可能なため、送迎バスやタクシーとしても利用されています。

また、個人ユースとしてはキャンピングカーにして車中泊したり、趣味の車として利用されています。カスタムパーツも幅広くあり、ハイエース専門誌などもあるためカスタマイズして楽しんでいる方も多いです。

このように、ビジネスからプライベートまで何でもこなす究極の万能車としていつの時代も常に高い人気を誇っています。

国内では現在5代目となる「H200系」まで販売されていますが、型落ちモデルも非常に人気となっており、中古でも高値で取引されているのが現状です。

ハイエースが人気な理由

ハイエースはとても扱いやすく国内外問わず高い人気があります。その人気の理由を細かくご説明させていただきます。

頑丈で壊れにくい耐久性

ハイエースのエンジンや足回りはとてもシンプルです。最近の車のように無理にパワーを絞りだすような設計にはなっていません。また、細かな電子制御なども一切ありません。そのおかげで故障も少なく、耐久性も高くなっています。エンジンなどはシンプルなほど故障が少ないのです。

また、車内は床の上に座席が取り付けてあるだけという至ってシンプルな構造となっています。こちらも電子制御などの装置は皆無なため故障はほとんどありません。

このように、ハイエースは機関系も車内もシンプルな構造となっているため耐久性が高くなっています

国内では商用車として20万km~30万kmくらい活躍し、その後は海外で100万kmを超えて現役で活躍しているなんて事がザラにあります。それくらい耐久性は高いです。

圧倒的な広さ

ハイエースの車内の広さは他の車を圧倒するほどです。わかりやすく説明すると「スーパーロング」だと運転席後方からの荷室スペースが3.5mあります。さらに幅も高さも十分にあります。これは、軽自動車がスッポリ入ってしまうほどのスペースがある計算になります。

この広さもハイエースの魅力の一つです。国内の乗用車の中で一番積載能力が高い車と言えます。

カスタムパーツが豊富

ハイエースはカスタムパーツがかなり豊富にあります。おそらくカスタム出来ない箇所はないと言っていいほど多種多様なパーツが販売されています。外装のエアロ、ライト系、足回り、エンジン回りなど何でもあります。また、車内も何でも揃っています。キャンピングカーにも出来るくらいなので何でも出来ます。車中泊なんて余裕で出来ます。

ハイエースだけを扱った専門誌もあるくらいです。自分だけのオリジナルハイエースを作り上げることができます。

正直どんなジャンルにでもカスタム出来る車と言えます。それくらいカスタムパーツは豊富にあります。おそらく国産車の中で一番カスタムパーツが多いと思います。

リセールが高い

ハイエースは他の乗用車と比較するとリセールバリューが高い車です。その理由は上記で説明した通りです。ハイエースは国内でガンガン使われたあとも海外に輸出されて輸出先の国でさらにガンガン使われます。そのため、例え過走行で年式が古くてもリセールは他車と比較すると圧倒的に高い車です。また、多少の傷や凹みがあっても高く買い取ってくれる車としても有名です。それくらい海外では人気です。

ハイエースを高く売る方法

ここまで読んでくださった方はわかると思いますが、過走行のハイエースや年式が古いハイエースを高く売る方法は、ハイエースを海外輸出している買取業者に売ることです。そうすると高価買取につながります

ハイエースの買取相場

ハイエースを海外輸出している買取業者の買取相場をご紹介させていただきます。

これが海外輸出している買取業者のハイエースの買取相場です。

15年~20年落ちで走行距離が20万km超えのハイエースで、15万円~30万円で買い取ってくれるのは正直驚きです。改めてリセールの高さにビックリです!

おそらく、ハイエース以外の国産車で同じ様な年式と走行距離だと買取不可で廃車になる可能性が高いでしょうね。または、買取り出来ても1万円以下とかって感じだと思います。

写真からもわかりますが、本当にボロボロですがこんな値段が付くのはハイエースだからでしょうね。さすがですね!国内で盗難率No.1の車はハンパないです。

海外輸出しているハイエース専門買取業者とは

海外輸出をしているハイエース専門買取業者は「ボロボロエースカウカウ」という買取店です。

ボロボロエースカウカウは、輸出業者である「株式会社Direct Stock Japan」が運営しています。輸出業者が運営しているため、一般的な車買取店が経由する輸出ルートを全てスキップする事ができます。そのため、中間マージンが発生しないので高価買取につながっています。

どんなにボロボロでもハイエースなら買取出来ます。たとえ動かないハイエースであっても、パーツを再利用することが出来るため買取可能となっています。

ホロボロのハイエースを高く売るなら間違いなく「ボロボロエースカウカウ」一択で決まりです!

ボロボロエースカウカウ公式サイトはこちら

さいごに

トヨタ・ハイエースは海外人気が高くどんな状態であっても売ることが出来ます廃車にするしかないと諦めている方は今すぐ査定を行ってみてください。驚くような値段で買い取ってくれるかもしれませんよ。査定はもちろん無料なのでご安心ください。

あなたのハイエースが1円でも高く売れることを願っています。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました