クラウンはトヨタのサブスク「KINTO」か購入かどちらがお得か比較してみた!

はじめに

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

ここでは、トヨタ「クラウン」はKINTO(キント)でサブスクか、購入かどちらで所有した方がお得なのかリアルに計算してみたいと思います。

今、KINTOか購入か悩んでいる方のお役に立てれば幸いです。

どうぞ、最後までお付き合い下さい。宜しくお願い致します。

KINTO ONEとは

トヨタが提供する「KINTO ONE」とは、トヨタとレクサスの新車に毎月定額で乗れるサービスです。

ただし、購入するわけではないので所有権はトヨタにあります。

よく、カーリースやレンタカーと比較されますが、そのどちらでもありません。

カーリースとは

カーリースは、毎月定額料を支払って長期間車を借りるサービスです。

毎月の費用には任意保険料が含まれていない場合がほとんどなので、任意保険は万が一に備えてご自身で加入し料金を支払う必要があります。

また、カーリースは原則として途中解約が出来ません。例えば契約者が死亡した場合や、免許返納など途中解約しなければならない状況でも、違約金や解約金が発生します。

車のサブスクとは

車のサブスクは、毎月定額料を支払って一定期間サービスを受けられるサービスです。

毎月の費用に任意保険が含まれているので、ご自分で任意保険に加入する必要がありません。

さらに、車のサブスクは、契約者が死亡した場合や免許返納などで途中解約する場合、違約金や解約金は発生しません。

KINTO ONEの定額料に含まれる費用

それでは、KINTO ONEの毎月の定額料に含まれる費用を細かく見ていきましょう!

費用 内訳
車本体価格 車両本体価格、オプションパーツの費用
保険料 自賠責保険料、任意保険料
税金 自動車税、自動車重量税、
メンテナンス費用 車検費用、消耗品費
(タイヤ、バッテリー、ワイパーゴム、オイル交換、ブレーキパッド、電球など)

上図の費用は毎月の定額料に含まれるため、別で支払う必要はありません。

詳しくは、KINTO公式サイトへ

KINTO ONEの注意事項

「KINTO ONE」をご利用にあたっての注意事項を見てみましょう。

項目 内容
契約期間 トヨタ車は3年、5年、7年
レクサス車は3年
タバコ 全車完全禁煙(電子タバコもNG)
カスタム カスタム、改造、サーキット走行は全車NG
ペット ペットの乗車NG
走行距離 月間走行距離1,500km以内
(1日あたり41km)
超過した場合、トヨタ車は1kmあたり11円
レクサス車は22円の超過料金が発生する

KINTO ONEのメリット

様々な制限がある「KINTO ONE」ですが、もちろんメリットもあります。

■KINTO ONEのメリット
1:頭金不要で新車に乗れる
2:毎月定額料だけだから突然の出費に悩まされない
3:毎月定額料だけなので家計が楽になる
4:トヨタ、レクサスの正規販売店でメンテナンスが出来る
5:毎月定額料だけなのでワンランク上の車に乗れる
6:安心安全の任意保険料、車両保険料込み

以上が「KINTO ONE」のメリットと言えます。

車を所有した事がある方はわかると思いますが、車って突然の故障などで出費が重なる事が度々あります。

しかし、「KINTO ONE」なら定額料に全て含まれているので安心安全にカーライフを楽しむ事が出来ます。

それでは、「KINTO ONE」と購入でどれくらい差が出るか計算してみたいと思います。

車のサブスクのメリット・デメリットを詳しく知りたい方はこちらを参考にして下さい。

【5分でわかる】車のサブスクの仕組みとメリット・デメリットを超わかりやすく解説!
今流行りの車のサブスクリプションを詳しく解説させていただきます。車のサブスクとは何か?からメリット・デメリットまでをわかりやすく解説いたします。

比較するクラウンのスペック

グレード RS Limited Ⅱ ハイブリッド 2WD
乗車定員 5名
カラー プレシャスブラックパール
総排気量 2,487cc
車両重量 1,770kg
全長 4,910mm
全高 1,455mm
全幅 1,800mm
タイヤサイズ 225/45R18タイヤ
オプション装備 ETC 2.0
セーフティパッケージPlus
ドライブレコーダー
フロアマット(特別仕様車用)
車両本体価格 5,450,000円
オプション総額 312,950円
総額 5,762,950円

クラウンを新車で購入した場合

ここからは、クラウンを新車で購入した場合にかかる費用を細かく計算してみたいと思います。

クラウンの購入方法

項目 内容
購入方法 分割60回払い(5年ローン)
ボーナス払い なし
頭金 0円
金利 2.5%

購入方法はカーローンで一番多いと言われている5年ローン(60回払い)で試算します。

頭金は0円で、金利は2.5%で計算していきます。

毎月の返済額

先ほどご紹介させていただいたスペックのクラウンを元に、毎月の返済額を計算したいと思います。

項目 金額
車両本体価格 5,450,000円
オプション総額 312,950円
自動車税種別割 14,500円
自動車税環境性能割 0円
自動車重量税 0円
自賠責保険料 27,770円
販売諸費用 65,441円
総額 5,870,661円
割賦元金 5,762,950円
(割賦元金に税金、諸費用は含まれません)
分割手数料 373,679円
(金利2.5%)
割賦総額 6,136,629円
毎月の返済額 102,200円

※諸費用、税金などは目安です。購入時期により変動します。

クラウンの毎月の返済額は102,200円です。

しかし、これだけではなく燃料代や、駐車場代が必要な方もいると思います。

なので、おおよそ毎月13万円~15万円くらい必要だと思います。

毎年かかる費用

車を所有していて毎年かかる費用は、「自動車税」と「任意保険料」です。

自動車税は、毎年4月1日時点で所有している方に発生する税金です。毎年5月初旬頃に通知が届き、5月末までに支払いをしなければいけません。車の排気量によって税額が異なります。

クラウンの総排気量は2,487ccなので、自動車税は43,500円です。

任意保険料は、車種、装備、運転歴、保険内容によって様々で、支払い金額は人それぞれ異なります。ここでは、おおよそ年間100,000円で計算したいと思います。

また、任意保険料は年払い以外に月払いも選択できます。ここでは年払いで計算します。

項目 金額
自動車税 43,500円
任意保険料 100,000円
合計 143,500円

クラウンを所有するためには、毎月の返済とは別で年間おおよそ143,500円くらい必要になってきます。

車検時にかかる費用

車検時にかかる費用は、「自動車重量税」「自賠責保険料」「検査手数料」「点検・整備費」です。

自動車重量税は、車の総重量によって異なります。

クラウンの総重量は1,770kgなので、自動車重量税は32,800円です。

自賠責保険料は、車を所有している人が必ず加入しないといけない保険です。これに加入していないと一般道を走る事が出来ません。軽自動車と普通車で金額が異なります。

クラウンは普通車なので、自賠責保険料は20,010円です。

検査手数料は、車の審査、車検適合証発行に関わる手数料です。

クラウンは普通車なので、検査手数料は1,800円です。

点検・整備費はそのままで、車の点検・整備にかかった費用の事で、車検を受ける場所や車の状態によって異なります。車検時に消耗品や部品交換を行った場合は高額になります。

クラウンの点検・整備費はおおよそ50,000円で計算します。

項目 金額
自動車重量税 32,800円
自賠責保険料 20,010円
検査手数料 1,800円
点検・整備費 50,000円
合計 104,610円

クラウンの車検費用はおおよそ104,610円です。

しかし、車検時に消耗品や部品交換などを行うとその分高額になります。

※104,610円という金額はかなり安く見積もっています。

メンテナンス費用

車のメンテナンス費用とは、「消耗品費」「点検費」などです。

車は機械なので乗れば乗るほど部品が劣化していきます。そのため、安心安全に乗り続けていくには部品を新品に交換する必要があります。

ここでは、一般的な消耗品を例に挙げてご紹介させていただきます。

項目 金額
タイヤ交換費用 1本20,000円(4本80,000円)
5年で1回交換、合計80,000円
オイル交換費用 1回10,000円(エレメント交換含む)
目安は半年に1回交換
5年で10回交換、合計100,000円
ワイパーゴム交換費用 フロント2本交換で4,500円
2年に1回交換、合計9,000円
バッテリー交換費用 20,000円
5年で1回交換、合計20,000円
5年間の合計額 209,000円

メンテナンス費用はあくまで目安ですが、おおよそ209,000円です。

これ以上かかる場合もありますし、これ以下の場合もあります。

クラウンを5年ローンで購入した場合にかかる総額

では、今まで計算してきた費用を全て足してみたいと思います。

項目 金額
車両本体価格 5,450,000円
オプション費用 312,950円
購入時の税金・保険 42,270円
販売諸費用 65,441円
割賦手数料(金利2.5%) 373,679円
自動車税(5年分) 217,500円
任意保険料(5年分) 500,000円
車検費用(1回分) 104,610円
メンテナンス費用(5年分) 209,000円
総額(5年分) 7,275,450円

クラウンを5年ローンで購入した場合にかかる総額は、7,275,450円でした。

あくまで目安ですが、リアルにこれくらいはかかると思います。

年間で割ると、1年あたり1,455,090円です。

月で割ると、1月あたり121,257円です。

この金額に燃料代と駐車場代が別でかかります。

では、次に「KINTO ONE」で全く同じクラウンを所有する場合にかかる費用を計算してみます。

KINTO ONEでクラウンを所有する場合

「KINTO ONE」でクラウンを所有する場合は、毎月の定額料に車を維持していくための費用が全て含まれています。

そのため、かかる費用は「定額料+燃料代+駐車場代」だけです。

駐車場代が不要の方は「定額料+燃料代」だけです。

そのため、計算はとても簡単です。

項目 金額
定額料(毎月) 95,370円
合計(5年分) 5,722,200円

KINTO ONEでをクラウンを所有する場合にかかる費用は、定額料95,370円に燃料代と駐車場代を足した合計金額です。

この定額料に、税金、車検費用、保険料、メンテナンス費用全て含まれています。

KINTO ONEと購入の比較

「KINTO ONE」と購入では、総額で1,553,250円の差が出ます。

金額だけで見れば「KINTO ONE」の方が安く所有出来ます。

しかし、考えなければならないのが、5年後に自分の物にならないという点です。5年後には返却しなければいけないので原則自分の所有物にはなりません。

購入した場合は、5年後に売る事が出来るのでクラウンだったら150万円くらいで売れると思います。

さらに、「KINTO ONE」は「喫煙不可」「カスタム不可」「ペット乗車NG」「1か月あたりの走行距離制限1,500km」という様々な制限があります。

これらの制限があっても「KINTO ONE」で所有するメリットは、月々定額料だけで所有出来るという点だけでしょう!

突然の出費に悩まされることなく、ワンランク上の車を所有する事が出来るという点は確かに魅力的です。

KINTO ONEがおすすめな方

KINTO ONEで車を所有するのがおすすめな方を考えてみました。

■KINTO ONEがおすすめな方
・車にお金をかけたくない方
・トヨタの新車にお得な金額で乗りたい方
・車にかかる突然の出費を抑えたい方
・ワンランク上の車に乗りたい方
・色々な車に短い期間で乗り換えたい方

恐らくこの様な方々は、購入より「KINTO ONE」の方が楽に車を維持できると思います。

車好きの方や、同じ車を長く乗り続けたい方、カスタムを楽しみたい方には不向きだと思います。

まとめ

「KINTO ONE」と購入比較いかがでしたか?

5年間の維持費で700万超えはさすがトヨタの高級車って感じです!「KINTO ONE」でも毎月9万円は高い!とは言え購入よりは安いので、これを安いと見るか、高いと見るかはあなた次第です。

高級車ほど「KINTO ONE」の恩恵が強いのかなって結果ですね!

これなら本当にワンランク上の車に乗れるって感じですね。

また、車にかかる維持費を細かく計算してみると、恐ろしいくらい車にお金を払っていた事に気づかされました。

「KINTO ONE」なら多少制限はありますが、購入よりかなり安く所有出来るので本当にお得だと思います。

ちなみに、「KINTO ONE」の申込はインターネットからのみです。

▼KINTO ONE公式サイトはこちら▼

タイトルとURLをコピーしました