【5分でわかる】カーセンサー車買取の仕組みとメリット・デメリット!

はじめに

ここでは、カーセンサー車買取サービスがどんなサービスでどのようなメリット・デメリットがあるのか、詳しくわかりやすくご説明させていただきます。

どうぞ最後までお付き合い下さい。よろしくお願い致します。

カーセンサー車買取サービスとは

カーセンサー買取サービスの運営会社は、「株式会社リクルートカーセンサー」です。

「リクナビ」「スーモ」「じゃらん」「ホットペッパー」などを運営しているリクルートグループの一員で、非常に信頼性が高い企業が運営しています。

事業内容は、中古車販売店と顧客を繋げるための中古車情報誌やWEBサイトの運営、車買取店と顧客を繋げるための車買取サービスの提供などを行っている企業です。

株式会社リクルートカーセンサーの公式サイトはこちら

リクルートカーセンサー - Recruit Carsensor
リクルートカーセンサーの企業情報サイトです。リクルートカーセンサーは、人とクルマの出会うきっかけを増やし、カーライフの素晴らしさを社会に提案していきます。

カーセンサー車買取のサービス内容

カーセンサー車買取のサービス内容についてご紹介させていただきます。

カーセンサー車買取サービスでは、「車一括査定」と「車買取オークション」という2つの車買取サービスを取り扱っています。

車一括査定は、一回の申込で複数の車買取店から一気に査定を受け、一番高額査定を付けた買取店に車を売り払うという一番スタンダードな車の売り方です。提携企業は1000社以上です!

車買取オークションは、全国5000社が参加する中古車オークションに愛車を出品し、一番高値で入札した店舗に売却するという車の売り方です。

どちらの場合も、申込は自宅のパソコンやスマホから行い、電話やメールで査定日を調整し、自宅や指定場所で査定をし、最終的に一番高額査定(高額入札)の店舗に売ります。

カーセンサーの5つのメリット

カーセンサーのメリットは以下の通りです。

■カーセンサーのメリット
1:一括査定の提携企業が多い
2:メール連絡に対応している
3:一括査定の同時査定が30社
4:オークションなら電話と査定が1回だけ
5:オークションの提携企業が多い

1:一括査定の提携企業が多い

カーセンサーの車一括査定と提携している車買取店は1000社以上あります。

ただ多いだけでなく、「ラビット」「ビッグモーター」「アップル」「ガリバー」など車買取大手と言われる企業とも提携しています。

※他の車一括査定サービスの提携買取店は200~300社程度です。少ないところだと60社程度です。

提携企業が多いと言う事は、より多くの買取店に査定してもらえるので買取店同士で競合し、高額査定になる可能性があります。また、多くの店舗に見てもらう事で、あなたの愛車を本当に欲しいと思う買取店に出会えるチャンスが生まれます。そのため、高く売りたいなら提携企業が多い車一括査定に申し込んだ方が有利です。

2:メール連絡に対応している

カーセンサーの車一括査定は、唯一メール連絡に対応しています。

一般的に車一括査定に申込すると、買取店から一斉に電話がかかってきます。出るまで電話が鳴り続けるのでしつこいと感じるはずです。

というか鬼の様にかかってきます。恐ろしい位電話が鳴り続き、鳴りやみません!この鬼の様な電話がユーザーにとって一番嫌な事だと思います。

しかし、カーセンサー車一括査定はメール連絡に対応しているので、電話が鳴り響く事はありません。メールで対応出来るので、安心して申込出来ます。

全ての買取店がメール連絡に対応しているわけではないので、電話がかかってくる事もあります。それでも一般的な車一括査定と比較すると大幅に電話の負担は減ります。

メール連絡にする方法は後ほどお伝えします。

3:一括査定の同時査定最大30社

カーセンサーの車一括査定は提携店舗が多いだけでなく、一度に査定依頼できる買取店数も圧倒的です。

他の車一括査定では、同時査定出来る買取店の数が平均で10社程度ですが、カーセンサーは最大30社と圧倒的に多いです。

同時査定出来る買取店の数が増えれば増えるほど、買取額を競合させる事が出来るのでより高価買取につながります。

ただ、最大30社とは言っても現実的に30社に査定をしてもらうのは一苦労すると思います。ご自身が対応できる店舗数に絞って依頼するのがベストです。大体5~10店舗位がいいと思います。

4:オークションなら電話と査定が1回だけ

カーセンサーの車買取オークションで車を売る場合、電話連絡と査定が1回だけです。

車一括査定だと、買取店ごとにやりとりをするため、店舗ごとに連絡と査定を繰り返す必要があります。

しかし、買取オークションの場合は、査定日を調整するための電話連絡と査定が1回だけです。

そして、査定後に出品をするので、あとは入札を待つだけとなります。

何度も電話連絡や査定を繰り返すのがイヤな方は、車買取オークションを利用して売ることをおすすめします。車買取オークションなら電話連絡と査定が1回だけで、全国5000社が参加する中古車オークションに愛車を出品することが出来ます。

5:オークションの提携企業が多い

カーセンサーの車買取オークションは全国5000社以上が参加しています。

5000社は他の買取オークションと比較しても多いです。車をオークションに出品するなら参加企業数は非常に重要となってきます。

参加企業が多ければ多いほど、あなたの愛車を欲しいと思ってくれる店舗に出会える可能性が高いからです。

例えば、100社しか参加していないオークションに出品するのか、5000社が参加しているオークションに出品するのかでは、入札率競合性が大きく変わってきます。少しでも高く売りたいなら参加企業が多いオークションに出品した方が高く売れる率が高くなります。

カーセンサーの2つのデメリット

カーセンサーのデメリットは以下の通りです。

■カーセンサーのデメリット
1:キャンセル機能が無い
2:入力項目が多い

1:キャンセル機能が無い

カーセンサーの車一括査定は、申込後に買取店からの連絡をキャンセルする機能がありません。

キャンセルしたい場合は、買取店から連絡を受けた際にその旨をご自身でお伝え下さい。

2:入力項目が多い

カーセンサー車買取サービスは申込時の入力項目が他の車買取サービスと比べて多いです。

しかし、車検証を用意して入力すれば簡単に終わります。

あとは、愛車の走行距離をチェックしておいて下さい。それだけで入力が楽になります。

カーセンサー車買取サービス申込の流れ

ここからは実際にカーセンサーの車買取サービスに申込をした場合の流れについてご説明させていただきます。メール連絡にする方法も記載しておくので要チェックです!

■車一括査定
1:公式サイトの申込フォームに必要事項を入力。
2:申込内容が各車買取店に送信されます。
3:各車買取店から電話またはメールにて連絡があります。
4:査定日を調整し、査定を受ける。
5:買取額をチェックし一番高額査定を付けた店舗に売る。
6:入金確認して終わりです。
■車買取オークション
1:公式サイトの申込フォームに必要事項を入力。
2:申込内容がカーセンサーに送信されます。
3:カーセンサーから電話またはメールにて連絡があります。
4:査定日を調整し、査定を受ける。
5:愛車をオークションに出品。
6:一番高値で入札した店舗に落札。
7:入金確認して終わりです。

▼カーセンサー車買取公式サイトはこちら▼

カーセンサーの申込フォームは、入力内容が多いので車検証をお手元に用意して入力するとスムーズに入力できます。走行距離もチェックしておいて下さい。

車一括査定の査定日を決める時の一番いい方法は、全ての買取店の査定日を同日同時刻にする事です。これによって、各店舗の競争心が高くなり高価買取につながります。あと、査定が一回で済むので楽になります。

メール連絡にする方法

メール連絡にする方法についてご説明します。

申込フォームのお客様情報入力画面に、「メールアドレス入力欄」があります。
そのすぐ下に「任意項目:売却希望時期など」とあるので、そこをクリックします。

次に、「連絡希望時間帯」欄に「メール連絡希望」と入力して下さい。
これでメール連絡になります。

車の売却に必要な書類

いざ、車を売ろうと思っても必要な書類がないと売る事が出来ません。必要書類は、軽自動車と普通車で異なるので要注意です。

普通車 軽自動車
自動車検査証 自動車検査証
印鑑登録証明書 自賠責保険証明書
自賠責保険証明書 軽自動車納税証明書
自動車納税証明書 印鑑(認印)
実印 振込口座情報
振込口座情報 リサイクル券
リサイクル券
以上が必要書類です。

まとめ

カーセンサー車買取サービスは、大手企業が運営しているため信頼性が高く安心して申込できます。

また、大手買取店を含む多数の買取店から査定を受けれるので、愛車を本当に欲しいと思ってくれる買取店に出会えたり、買取額を競合させて高価買取に繋げやすいです。

一括査定によくあるしつこい電話連絡は、メール連絡希望にすれば減らす事ができ、日程調整の負担を減らす事も出来ます。

また、車買取オークションにも対応していて、全国5000社が参加する中古車オークションに出品する事も出来ます。

本当に車を高く売りたいと思っている方に、本当におすすめ出来る車買取サービスです。

車を高く売りたい方は今すぐクリック↓

タイトルとURLをコピーしました